滑川高校海洋科海洋クラブ(富山県滑川市)

● 活動項目

藻場の保全

● 組織の構成

滑川高校(132名)

● 地域の現状・課題

  • 滑川市は富山県東部に位置しており、富山湾に面している。
  • 当該組織は、滑川高校の海洋科生徒が主な構成員となっており、学習活動の一環として、藻場の保全活動や種苗放流、植林活動などの水産多面的な取り組みを実施している。
  • 滑川高校の近くにある高月海岸は、平成13~18年の期間に磯焼けが進行し、藻場面積は3割にまで減少した。アマモについても、平成16年を最後に見られなくなっている。
  • そこで、水産資源の増加を目標に、藻場の保全活動を中心とした取り組みを実施している。

高校生が行う潜水モニタリング

● 活動の内容

  • 平成19年度からアマモの定植活動を行っており、安定的な藻場の形成を目指して現在も定植活動を継続している。なお、アマモの生育が環境回復の指標になるものとして、この活動に注力している。
  • アマモの苗は環境教育の一環として、地元小学校で育ててもらっており、生長したものを潜水により定植している。また、あわせて小学校への出前授業なども実施している。
  • その他にも、テングサ・アカモク母藻の設置や、食害生物となるウニ類の除去、中間育成したアワビ種苗の放流などの活動も実施している。

小学校で育てられたアマモの苗

アマモの定植作業

除去したムラサキウニ

● 活動の効果

  • アカモクの増加が見られており、藻場面積は少しずつではあるが回復傾向にある。
  • アマモについては安定した藻場の形成には至っておらず、今後も活動を継続する必要がある。
  • 本活動の市民の認知度が向上しているほか、市役所において活動報告会の開催や、全国アマモサミットでの成果発表など外部へ向けた発表も行っている。
  • 構成員である高校生自身にとっては、本活動が学習の実践の場となっており、理解の深化や、環境保全に対する意識の向上につながっている。

浅場に繁茂した海藻

定植したアマモ